酒とスキーの日々


酒とスキー以外の日々のことも徒然と
by yoco_oran
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

予約のない大物の仕事

毎週月曜日1週間の仕事の予定をたて、仕事を配分しながら進行している。
今日は1本入稿する仕事があり、しかも前々から決まっていて、覚悟もして出社しているのだが、今朝いきなり「ようこさん、ちょっとコレについて相談が…」と会議室に呼び出された。
ちょっとした修正の相談かと思いきや、なんと本日夕方入稿したいとの申し出。
「物理的に無理です。あれと、それもやらなきゃいけないし、コレをやり始めるのも夕方からになる」とお断りしたが、上司がやってきて打ち合わせしている途中で、コレのスケジュールの話。
しかも私が作業をするのに、それを担当しているAEにしか話をしない。

何を言いたいかというと「どうせ仕事するなら気分良く仕事をしたい」ということだ。

「ようこさん、コレほんとうにすまないね。よろしくね」
というのが本来だろう。

しかもコレが無事夜22:00に入稿し、私はその後本日メインにしていた仕事の入稿作業が残っていた。
それなのに「おつかれさま」もなければ「ありがとう」の言葉もなく彼は帰っていった。

やはり人間「ねぎらいの言葉」と「思いやり」が大切だとつくづく思った。
どんなイヤな仕事も、ほんの一言でやる気がでるし、嫌々ながら作業するより「よしっ仕方ない、やってやろうじゃないの」と思って仕事をするほうがいい。

上司にはそうやって私達を使ってもらいたい。
[PR]
by yoco_oran | 2006-08-05 02:26 | 残業
カテゴリ
LINK
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧